入れ歯

入れ歯

歯を失ったときの治療として、選択肢に挙げられるのは入れ歯(義歯)、ブリッジ、インプラントがあります。ブリッジは保険診療でも可能ですが、支えとなる歯を削らなければならないことや、支える歯に負担がかかるというデメリットがあります。また、インプラントは歯を削らず、他の歯に負担をかけない治療法ですが、費用がかかるという一面があります。

入れ歯は、ブリッジのように歯を削らず、またインプラントほど費用もかからずに作ることができます。

入れ歯の種類

保険を使用して作る総入れ歯・部分入れ歯入れ歯の種類
プラスチックと金属のバネで作製する、一般的な入れ歯です。経済的な負担は少なくすみますが、プラスチックの部分がどうしても厚くなり、装着したときに違和感があることと、また審美的にも限界があります。

金属床入れ歯の種類
床部分に金属を使用した入れ歯です(自費診療)。軽く、薄く作れるのでお口にフィットします。また、食べ物の温度が感じられるので食事がたのしめるというメリットがあります。その一方で、自費診療のために高くなること、破損した場合は修理が難しいというデメリットがあります。

ノンクラスプデンチャー入れ歯の種類
入れ歯を固定するための金具がない部分入れ歯です。床部分が吸着性の高いシリコンでできています。金具がないので床部分が歯ぐきに近い色の樹脂でできています。そのため入れ歯だと気づかれにくいメリットがあります。また柔らかく自然なフィット感があります。樹脂なので金属アレルギーの心配もありません。ただし、耐久性に劣るので、常用することができないというデメリットがあります。破損した場合は修理が難しいです。

オーバーデンチャー(インプラント併用義歯)入れ歯の種類
歯がまったくない場合や失った本数が多い場合、インプラントと入れ歯を併用して治療する方法です。総入れ歯をしていて、ずれる、はずれる、痛い、ガタつくといった悩みがある方、ほとんどの歯を失ってしまった方におすすめの方法です。以下のようなお悩みをお持ちの方には、オーバーデンチャーもおすすめしています。

・入れ歯が安定しないため、しっかり噛めない
・会話をしていてはずれることがある
・歯ぐきにあたって痛いことがある
・食事の時に、食べ物が詰まりやすい

このような悩みをお持ちの方も、オーバーデンチャーによって問題を解決することができます。

マグネットデンチャー入れ歯の種類
当院がおすすめするオーバーデンチャーの方式です。インプラントと義歯の固定にマグネット(磁石)を使います。インプラントのフィクスチャーに磁性金属を取りつけ、義歯の側には小型磁石(磁性アタッチメント)を埋め込んで、磁石の力で着脱する義歯です。磁石の力でぴったりと吸着するので、入れ歯がずれる心配がありません。また、バネや複雑な構造がないため、簡単に着脱ができ、通常の入れ歯と比べてお手入れも簡単にできます。

磁性アタッチメントは通常の入れ歯の治療にも用いられています。歯冠が失われても歯根が残せる場合には歯根に固定用の磁石を埋め込み、それを使って入れ歯の着脱ができます。

●マグネットデンチャーのメリット
・インプラントによって総入れ歯が強固に固定されるため、ものがしっかり噛めるようになります。
・最少の場合、2本のインプラントで全顎を支えることができるため、治療費がかさみません。
・自由に取り外しができるので、清潔でメインテナンスが非常に楽です。
・大きな外科手術が不要なので、全身にかかる負担も少なくすみます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制