その他のインプラント治療

オーバーデンチャーオーバーデンチャー
顎の骨に2~4本のインプラントを埋め込み、取り外し式の総入れ歯を入れる治療法です。通常の総入れ歯では歯ぐきだけで支えなければならないので、食事中にずれてしまったり、食べ物が間にはさまって痛みや食べづらさを感じることがあります。

しかし、オーバーデンチャーではインプラントの上にマグネットなど連結するためのパーツを接続して総入れ歯を装着させます。インプラント上にしっかりと固定されるので、通常の総入れ歯に起こるような問題を感じることなく、よく噛んでものが食べられるようになります。

また、オーバーデンチャーは自分で簡単に取り外しすることができるので、メインテナンスが容易であるという利点もあります。

「入れ歯」について詳しくはこちら

ALL ON 4(オールオンフォー)オールオンフォー
4本のインプラントをバランスよく埋入することで十数本の連なった義歯を支えます。多くの歯(またはすべての歯)を失ったお口を治療するのに適した治療法です。

従来は、歯が1本も残っていない場合、総入れ歯にするかインプラントをたくさん埋入するという治療法がとられていました。しかしインプラントを埋入するためには骨造成の手術が必要になるなど、患者さんの経済的負担が大きく、治療期間が長くかかるという欠点がありました。

オールオンフォーは、骨造成などの必要がなく、インプラントを埋入したその日のうちに仮歯を入れることが可能なので、すぐにものが食べられるようになるという利点があります。全顎的にインプラントが必要な場合など、インプラント治療に期間がかかり、義歯を使用して食事がとりづらかったりしていたのが、その日の内に仮歯が入り、噛めるようになり、インプラント治癒期間に入れ歯を使用しなくて済みます。
※審美性を獲得したい場合は、前歯に必ず骨造成が必要になります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制